パワーリフティングとは

 パワーリフティングの概要

パワーリフティングは、人間の基本的運動要素「立つ、押す、引く」を スクワット(脚力)・ベンチプレス(腕力)・デッドリフト(背筋力)という 3つの競技種目に分け、人間の力の極限を競うようにしたスポーツで、 健康トレーニングの代表的種目がそのまま競技種目に発展しているため、 幅広い年齢層と男女を問わず誰でも参加できる競技です。

パワーリフティングの歴史

パワーリフティングの原型は、1920年ごろアメリカで行われたウェイト リフティングの主流種目に端を発しています。現在の形としてまとめられたのは 1950年代で、スクワット・ベンチプレス・デッドリフトの3種目で競技が結成され るようになり、1971年国際パワーリフティング連盟(IPF)が結成され各国に普及 していきました。
日本では、1972年に日本パワーリフティング協会(JPA)が設立され今日まで その人口は増加しています。そして1998年の神奈川国体で、また2002年の高知 国体ではデモンストレーション競技として開催され、2014年長崎国体でのデモスポ競技を経て2015年和歌山国体より公開競技となっております。
error: Content is protected !!