ルール

パワーリフティングは、スクワット・ベンチプレス・デッドリフトの3種目で重量を競い合い、その トータル重量で順位を決定します。
各種目とも試技は3回まで、各試技では1回挙上できれば成功となります。
判定は主審1名、副審2名が行い、2名以上が成功と判定すればその試技は 成功です。

スクワット

バーベルを肩でかついで、しゃがみ、立ち上がります。

<判定の基準>

  • 膝頭よりも脚の付け根が(ヒップジョイント)が深く下がれば成功。
  • 動作の最中に足が動けば失敗。
  • 挙上が途中で止まっても大丈夫。しかし、少しでも下がれば失敗。

スクワットの判定に関する詳細は下記のページでまとめています。

ベンチプレス

ベンチ台に横になり、胸の上でバーベルを挙上します。

<判定の基準>

  • 胸の上で一度バーベルが静止し、審判の「プレス」の相図後に挙上できれば成功。
  • お尻がベンチ台から離れた場合は失敗。
  • 挙上が途中で止まっても大丈夫。しかし、少しでも下がれば失敗。

ベンチプレスの判定に関する詳細は下記のページでまとめています。

デッドリフト

床に置かれたバーベルを垂直に引き上げ、脚と背中が伸びきるまで挙上します。

<判定の基準>

  • 脚と背中が伸びきるとともにフィニッシュ時に肩が返れば(胸を張れれば)成功です。
  • 脚を壁にしながら伝わせるように挙上した場合失敗。
  • 挙上が途中で止まっても大丈夫。しかし、少しでも下がれば失敗。

デッドリフトの判定に関する詳細は下記のページでまとめています。

公式大会の出場方法

パワーリフティング、ベンチプレスの試合出場方法は下記のページでまとめています。

アンチ・ドーピング

ルール関連へのリンク

公益社団法人日本パワーリフティング協会(JPA)ルールブック

JPA技術委員会からのお知らせ

IPF公認品リスト2019年1月更新版

IPFルールブック2016年1月更新版

IPF公認品リスト2017年1月更新版

IPF公認品取扱ショップ

;