まずはパワーリフティングの試合に出てみましょう

パワーリフティング競技エントリー手順1

パワーリフティングの試合の出場方法について4回に分けて説明します

パワーリフティング種目が強くなるためにはまず試合へのエントリー

ウェイトトレーニングをされている方で自分がどれくらい使用重量をのばしていけるのか、誰がどれだけの重量が挙がるかは興味のつきないところです。誰よりも重量を挙げてみたいと思われたらまずは試合に出てみて下さい。

いやー、強くなってから出ますという声をよく聞きますが、これではなかなか強くなるのに試合に出ている人よりも時間がかかり、遠回りとなります。

まず、試合にエントリーすると試合を中心にトレーニングや日常生活について考えるようになります。また、試合での結果を受けて自身の改善すべき点が骨身にしみて分かるようになります。試合と練習のサイクルを繰り返す事により試合に全く出ず、トレーニングだけをしている人より半年後、一年後には別人の強さとなっています。

さて、前置きが長くなりましたが直近の2017年4月9日に開催されます試合に出るために必要な手順についてご説明します。

1 選手登録

選手登録については現在、日本パワーリフティング協会で行われています。この登録が試合当日までに完了していないと試合に出ることが出来ません。申請を行ってから登録が完了されるまで時間がかかりますのでまず一番最初に手続きを行って下さい。

http://www.jpa-powerlifting.or.jp/registration/

ここで2017年からの変更事項なのですが、2017年からは個人登録よりも団体登録の方が選手登録の費用が割安になります。具体的には3名以上集まれるなら新規に団体を作って登録したほうが良いです。同じトレーニング施設で練習されている方やパワーリフティングの試合でよく顔を合わせる選手とコンタクトを取ってみて下さい。

2 要項の確認、申込用紙の記入、入金

要項とは試合の開催される内容を説明した文書です。申込書も同じページにあります。

//osaka-power.jp/competition

長くなりますので要項に書かれている項目の具体的な説明は次回に行います。

関連

パワーリフティング競技エントリー手順2

パワーリフティング競技エントリー手順3

パワーリフティング競技エントリー手順4

error: Content is protected !!