パワーリフティングエントリー用紙その他項目の書き方

パワーリフティング競技エントリー手順4(最後です。)

大阪府協会の申込用紙の金額の各項目について

一試合とダブルエントリーに分かれています。一つだけの区分にエントリーされる場合は一試合の方に金額を下記、再度要項を見直しの上、チェックの欄に○を入れて下さい。

ダブルエントリーされる方はダブルエントリーに必要な費用を計算していただき、ダブルエントリーの金額欄に記入し、再度要項を見直しの上、チェックの欄に○を入れて下さい。

これらの計算は自動ではなくエントリーする選手自身に行っていただきます。確認した金額をお振込いただく事でエントリー費の振込間違いが起こらないようにしています。

今大会に関するコメントについて

何か書いて下さい(笑)初出場ですとか頑張りますとか優勝します等々。

自己ベスト記録について

過去に同じエントリー区分に出られた時のベスト記録を書いて下さい。初参加の方は空欄にしておいて下さい。参加者が多い時はこのベスト記録を基に同じ階級で前半グループと後半グループに分かれることもあります。

誓約書について

必ず記入の上、捺印して下さい。未記入、印鑑無しの場合はエントリーを拒否します。

記録カードについて

これより下は、試合当日に記入する欄です。と書かれていますが、大阪府協会が使用するラックはエレイコです。過去に出場された方は先に書いて提出いただいても大丈夫です。初めての方は当日に試合会場に設置されたラックで試していただいてから記入していただくことになります。

補助とは、パワーリフティング三種目の中でベンチプレスだけが唯一スタートポジションに持っていくまで(ラックからバーベルを外して胸の上に持っていくまで)大阪府協会が用意した補助者からサポートを受けることが出来ます。この補助を必要とする場合は要に○を、補助が必要でない場合は不要に○をして下さい。

補助を受けるとギリギリの重量の時は少しだけ試技が楽になります。しかしながら、補助者とタイミングが合わないとバランスを崩し、試技が成功しにくくなります。

ベンチプレスは足を地面に着けるというルールがあるためベンチ台に寝た時に足が地面につかない選手は足台の使用を申請し、足台の上に足を着けてベンチプレスを行います。足台は25㎏プレートを使用します。地面に比べると踏ん張りが効かなくなりますので本当に届かない場合を除いては不要に○をして下さい。

エントリー用紙の記載方法に関する説明はここまでです。

関連

パワーリフティング競技エントリー手順1

パワーリフティング競技エントリー手順2

パワーリフティング競技エントリー手順3

error: Content is protected !!